敏感肌、肌が弱い人の白髪染めなら

自分に合った刺激の少ない優しいものを選びたいです。

敏感肌で肌が弱いことを自覚している人なら。

 

白髪染め,おすすめ,敏感肌,肌の弱い人

 

白髪を美しく染めたい、でも白髪染めは肌への刺激が強そうなので選ぶのに迷ってしまう…という人は多いのではないでしょうか。

 

特に皮膚トラブルを起こしやすい、デリケートな敏感肌の人は慎重になられると思います。

 

白髪染めはいくつかのタイプ別分けることができ、それぞれの特色があるので知っておきたいです。

 

白髪染めの肌トラブルで一番多い原因物質はジアミン(酸化染料)という化学染料です。

 

一度でよく染まる白髪染めには、ほぼ確実にジアミンが含まれています。

 

白髪が良く染まるというメリットがある反面、肌や髪に刺激を与えるというデメリットがあります。

 

気にならない人は良く染まるので好んでお使いになると思います。

 

ですが敏感肌の人なら、まずはこのジアミン系の酸化染料が含まれた製品かどうかを基準に商品を選ぶというのを知っておきたいです。

 

近年人気のトリートメント系の白髪染めにはノンジアミンの商品も多いですし、天然染料のヘナも100%ナチュラル製品を選べばジアミンを避けることができます。

 

ですが、肌の弱い人にとってあらゆる白髪染めにトラブルのリスクがあります。それを完全に取り除くことはできません。

 

ジアミン以外の物質で肌が拒否反応を起こす人もいらっしゃるでしょうし、ヘナも植物アレルギーの人は肌荒れやかぶれなどの原因になります。

 

やはり、事前のパッチテストが必須でしょうね。

 

 

パッチテストをしましょう

 

自分で敏感肌だと自覚されている人、またはじめての白髪染めだったり、はじめて使う製品なら、事前ににパッチテストをしたいですね。

 

パッチテストをすることで、肌荒れ、かゆみ、かぶれ、腫れなどのリスクを防ぐことができます。

 

やり方は、腕の肘から上の内側の肌が白くて柔らかいところ、太陽が当たらない敏感な場所ですね。

 

そこに薬剤やトリートメントなどを綿棒などで少し塗ってしばらく起きます。そこで試験的に肌の反応を見ます。

 

 

敏感肌、肌が弱い人は白髪染めをどうしているの?みんなの口コミ集めた。

 

ナチュラルヘナ

敏感肌でヘナを使う人もいらっしゃいますね。

 

ですが一般的な白髪染めと違い、使い方が面倒だったりします。それでも愛用者は少なくないですしね。

 

美容室で施術してもらえるお店は限られていますが、買って自分でもできます。

 

売っているところを探すのが面倒ならネット通販がいいですね。

 

完全ナチュラルな商品も見つかりますし。

 

ナチュラルでない化学成分が入っている商品も多いので知っておきたいです。

 

 

マロンマインドカラー

敏感肌なのでマロンマインドカラーという製品を使っています。

 

パッチテストをしてビゲンやホーユーといったメーカーのものが使えないので。

 

こちらのマロンマインドカラーは、肌の弱い私でも使えるのがいいのですが、放置時間が30分以上必要なのが難点ですね。

 

マロンの白髪染め

 

 

ヘナもダメな人います。

ヘナは天然なので大丈夫とか思うのは違います。

 

100パーセント天然のヘナもパッチテストは必要ですし、こういった植物にアレルギーを持っている人はいらっしゃるので。

 

酷い人は、頭皮のかゆみや顔の腫れなどを起こす人もいます。

 

 

ジアミン、アルカリ、過酸化水素

肌が弱いなら刺激の強い白髪染めは避けなくてはいけませんよね。

 

まずはジアミンに対するアレルギー反応なら多くの白髪染めはNGですし。

 

あとはアルカリに対する反応、過酸化水素など、肌は拒否する物質には色々ありますし。

 

 

パッチテストで試してみる

肌が弱い人は白髪染めに限らず、石鹸やシャンプー、化粧品などにも気を使いますよね。

 

白髪染めもなおさらという感じです。

 

今は肌に優しいかどうかは商品が売れるための重要な要素なので色々と出ています。

 

その中から自分が使えるものを見つけるしかないでしょうね。

 

人によっても違いますし、試して見ないことにはわかりませんしね。

 

通販でも事前にアレルギーの人のためにパッチテスト用を送ってくれる商品を探してみるとか。

 

 

できるだけ頭皮に付けない方法で

一般的な白髪染めはジアミンという酸化染料で染めるのでその成分が肌を刺激したり、髪を痛めたりします。

 

白髪染めでかゆみやかぶれなど肌トラブルを引き起こす人の一番多い原因物質ですね。

 

ですがこのジアミンが入っている白髪染めはよく染まります。

 

ヘナも100パーセント天然とジアミンが入っている製品があります。

 

ですので、肌が荒れたりする人はいます。

 

100パーセント天然でもヘアの植物に対して反応する人もいるので、ヘナも使えないという人がいます。

 

そういう方は、ヘアマニキュアとか。あとは光で染める白髪染めもあります。

 

そういう商品ならできるだけ頭皮につけないようにできますし。

 

光で染めるタイプは、塗るだけで流す必要もないので、流すときに頭皮につく心配もありません。

 

肌に付けるとどんな製品にも少なからず肌トラブルのリスクはあるんでしょうけど。

 

 

利尻ヘアカラーもパッチテストを

利尻のヘアカラーは肌の弱い人もたくさん使っておられると思いおます。

 

でも肌に優しいトリートメントタイプの白髪染めも敏感肌を自覚されている人は、使用前にパッチテストをされた方がいいでしょうね。

 

 

トリートメント系もヘナも

でも本当に肌が弱くて、市販のヘアカラーはもちろん、マニキュア系やトリートメントタイプ、ヘナもダメっていう人いらっしゃるようですね。

 

 

 

普通のカラーで全体を明るく

敏感肌ならどういう方法を選ぶか結構迷いますよね。

 

まだそんなに目立たない、ちらほらと白髪が出だしてきたっていうくらいなら、全体を普通のカラーで明るくすることで目立たなくする方法もありかもしれません。

 

白髪の多いご年配の人でもあえて白髪染めを選ばずに全体の髪の色を明るくする事で自分らしくおしゃれにされている人もいらっしゃいますしね。

 

 

レフィーネを使っています。

レフィーネのトリートメントヘアカラーを使っています。

 

色が複数展開されていて混ぜて自分の色にできます。

 

髪にツヤも出ます。

 

頑固に染まりにくい白髪の人もいらっしゃるようですが、コツコツと重ねていくといいかと。

 

 

 

DHCのヘアカラートリートメントとかスカルプDから出ている白髪染めとか使えそうですね。

 

 

カラーバター

カラーバターを使うとか。

 

しっかり染まってトリートメント効果もあります。

 

 

マロン

マロンの白髪染めを使ってください。

 

それでも荒れるようでしたら、皮膚科でアレルギーの特定物質を検査してもらった方がいいでしょう。

 

 

→ 白髪染め選びはこちらから。優しく染め上げる商品を選んでみました。