男性の白髪染めなら

継続的にケアする上で知っておきたいことがあります。

男性用の白髪染めをお探しですか?

 

白髪染め,男性,メンズ,おすすめ,人気

 

白髪は男の人にとっても悩みの種の一つです。

 

やっぱり印象が違ってきますよね。

 

白髪が増えてくると老けて見えますし、黒く染めると若く見えます。

 

一度白髪染めをして若く見えるとやっぱりこの状態をキープしたいって思いますし。

 

今どんな優れた白髪染めってあるのかな、とかみんなどういう風に上手にお手入れしているのかな…とか思いますよね。

 

白髪染めに女性向けの商品と男性用が売られていますが、基本的に性別による区別ってないんですよね。

 

ですので男性が女性用を使っても同じです。

 

美意識の高い女性が選ぶ人気商品を使うというのもおすすめの方法です。

 

近所のドラッグストアで安い男性用の白髪染めを選んで染めているという人もいらっしゃると思いますが、白髪染めのお手入れにはいくつかの方法があることも是非知っておきたいです。

 

 

髪や頭皮へのダメージがあります。

 

そして市販の一般的な白髪染めは刺激が強く、髪や頭皮へのダメージがあることも。

 

男性の場合、頭皮への負担は極力避けたいです。なぜなら薄毛につながったら一大事ですし。

 

白髪染めって長く付き合うものですし、当然積み重なるものがあるでしょう。

 

できるだけ刺激を少なく白髪を目立たなくしたいです。

 

当サイトでは、白髪のお手入れをする人が知っておきたい基本的な知識、現在おすすめの白髪染め、また色んな人の口コミ情報をご紹介しています。

 

男性の方にもご参考いただけると思います。ご覧になってみてください。

 

 

男の白髪染め。みんなどうしてる?口コミをご参考に!

 

男性用と女性用の違い

男性用と女性用。

 

そんなに変わりってないようですね。

 

染める成分的には同様なようです。

 

種類とか色のバリエーションとかは女性用の方が多いようですね。

 

男性用はより黒系が多く、女性用は明るい色が多い印象があります。

 

あとは香りが女性用はフローラル系とか。男性は

 

男性でも女性用っぽく売られている商品を買って使っても問題ないです。

 

 

美容室か自分でか

美容室でするか、自分でするか。

 

もちろん美容師さんにプロの技術で施術してもらうわけですから、仕上がりはお店の方が綺麗でしょうね。

 

薬剤に含まれている成分的にはそんなに変わらないそうです。

 

ですが美容室ならその人の髪質や希望のイメージに合わせて調合してもらえるので、その辺りが仕上がりの違いになってくるんでしょうね。

 

ドラッグストアなどで売っている市販のヘアカラー(2剤を混ぜるようなタイプ)は、全ての人が染まるようにできているので当然自分にぴったりというわけではありません。

 

だから髪や頭皮への負担も大きくなってくるんでしょう。

 

 

グレー染め

多めの白髪の人なら、あえて真っ黒にしないグレーヘアの白髪染めもありますよね。

 

印象もいいですし、結構人気あるかと思います。

 

メンズビゲンとかでもありますよね。

 

 

部分的に白髪が目立つなら

一か所だけ白髪が固まって目立つ場所がある場合。

 

男性でいますよね。

 

そういうところは部分的に染めたいですよね。

 

量は少なくて済むので保存できないタイプは避けたいです。

 

粉を水で溶いて使うタイプのヘアカラーがあります。おすすめです。ドラックストアなどに置いてあります。

 

小分けして数回に分けて使えるので少し染めたい時に使いやすいです。

 

ホーユーの二つのチューブに入った薬剤を混ぜて使うタイプもおすすめです。

 

よくあるのがプッシュすると二つの薬剤が同時に出てくるタイプがありますが、自分は意外と使いづらいと感じています。

 

 

短髪だと大変

40代です。

 

現在白髪の方が多く、2週間一度手入れしています。

 

ですが、短髪なので伸びたところがしばらくするとすぐに目立ちます。

 

ヘアカラートリートメントやヘアマニキュアは持ちが悪くて。

 

前髪とこめかみ辺りが気になるんですよね。

 

いっそのこと染めない選択肢もあるかなと。

 

 

男性用

男性用の方が放置時間が短い商品が多いような気がしますね。

 

染まりやすく薬剤とかも強めに含まれている商品とかもあるのかもしれませんね。

 

男性の方が固くて太い髪の人多そうですし。

 

 

よく染まるけど刺激が強い

スーパーとかドラッグストアで売っている市販の白髪染め。

 

2種類の薬剤が同時に出るタイプとかなら簡単にしっかり染まります。

 

でも薬剤は刺激が強いのでその部分は事前に知っておきたいですね。

 

今は色んな白髪染めがあります。

 

染まり具合はそんなに強くないけど、髪や頭皮への負担が少ないタイプとか。

 

気になる人は大まかに知っておかれるのもいいかと思います。

 

 

頭皮が荒れる

市販の白髪染めは頭皮が荒れます。

 

ガサガサになるので困ります。

 

でもどの製品が合っているのかは使ってみないと分かりませんしね。

 

美容室はお金もかかりますし、正直予約して時間をとって足を運ぶのが面倒で…。

 

自分に合った、よく染まるのに刺激を感じない白髪染めを探しています。

 

 

資生堂のプリオール

資生堂のプリオールという商品を使っています。

 

良いと思います。

 

リンスのように使います。

 

ダークブラウンとブラックを混ぜて自分に合わせて使っています。

 

ダークブラウンだけよりブラックを混ぜた方が染まる気がします。

 

使い方は簡単です。

 

シャンプーのあとに水分を切って、手に取って、染めたいところに塗るだけ。

 

しばらく置いている間に体を洗ったりしています。

 

毎日できますし。

 

染まったら間を空けます。

 

ただ数日経つと色が落ちてくるので又使います。

 

 

シャンプー&リンスで

市販の白髪染めは安くでいいですね。

 

500円とかでもありますし。

 

でもやっぱり気になるのは髪の毛と頭皮へのダメージです。

 

定期的に使っていくものですしね。

 

薄毛につながるという話もありますし。

 

割高ですが、シャンプーとリンスがセットになっているタイプも良さそうです。

 

使うたびにナチュラルに染まっていきます。

 

色も黒系、茶系とあります。

 

頭皮や顔についても黒くならないし、毎日洗髪として使うので面倒でもないですし。

 

徐々に黒っぽく色が付いていきます。

 

 

マロン

頭皮が荒れたりということが心配なら、ドラッグストアとかで売っている『マロン』っていう商品をチェックしてみてください。

 

値段は1000円ぐらいだったかと。

 

肌荒れを引き起こすような成分が入っていない白髪染めです。

 

通販でも売っていると思います。

 

 

利尻昆布の白髪染め

利尻昆布の白髪染め。

 

主人と一緒に使っています。

 

染め上がりも満足、ニオイも気になりません。

 

 

最近は男性にもヘナで白髪を染める人いますね。

 

 

美容室でヘナ

利尻ヘアカラー、カラードボーテなどのトリートメント系を何種類か使ったことがあるのですが、私の場合、しっかりと着色しなかったです。

 

髪と頭皮を傷めたくなかったので選んでいたんですけどね。

 

美容室でヘナなら天然系でしっかりと染まります。

 

自分でもできますが、時間がかかりますし面倒です。

 

美容室もヘナをやっているお店を探す必要がありますが。

 

 

ぼかす

白髪染めの伸びてきた時の生え際が嫌で、今は白髪ぼかしを理容室でやっています。

 

ぼかし染めも自分の好みの色合いが選べますし。

 

そんなに高くないですし。

 

 

ナイアードヘナ

私はヘナを使っています。

 

ナイアードヘナという会社のものです。

 

100%天然ヘナのものです。

 

正直手間ですが、やはり安全には代えられません。

 

髪の毛の状態も良くなります。

 

色は赤茶けますが。

 

髪の傷みや頭皮のかぶれなどが気になる男性に。

 

 

利尻昆布のヘアカラートリートメント

利尻昆布のヘアカラートリートメント。

 

使用感は様々ですね。

 

持続性はいいとは思いませんが、それなり染まりますよ。

 

刺激がなくて面倒じゃないトリートメント感覚。

 

ここが人気の理由でしょうね。

 

 

短髪ならシャンプータイプ

男で短髪の人も白髪を染めたいっていう人いるでしょうね。

 

でも女性のロングヘアーとは勝手が違いますよね。

 

すぐに目立ってきますし考えものです。

 

一度に使い切らない場合、少しづつ使える商品がいいでしょうし。

 

またできるだけ面倒じゃないタイプがいいという人も多そうです。

 

こういう男性にはシャンプータイプもありでしょうね。

 

シャンプーすると白髪がだんだん自然に染まっていくっていう製品です。

 

髪や肌へのやさしさも考慮されています。

 

楽ですし、短髪なら回数使えそうですし。

 

 

白髪ぼかし

男性なら理容室での白髪ぼかしという選択肢もありますよね。

 

完全には黒くせず、ぼかして目立たなくするという方法ですよね。

 

なにも真っ黒がいいというわけではないですし。

 

ぼかすかっこよさもあるかと。

 

いきなり真っ黒になったらいかにも染めた感もありますし。

 

しっかり黒く染めると、少し伸びたところとの境目がくっきりと際立つデメリットもありますし。

 

通常の白髪染めに比べて髪の傷みなどは感じませんが、色持ちなどはよくないでしょうね。

 

 

白髪の男性と女性の印象の違い

白髪って性別によってやっぱり印象って違いますよね。

 

女性なら言い方は悪いですが、行き届きていないというか、だらしない、手抜き的な印象を持たれたりもしますしね。

 

男性ならそんなに気にせず、全くケアしない人もいますし。

 

魅力的が増している人もいますしね。もちろん清潔感とかは大事ですけどね。

 

 

私の失敗談

初めて自宅で白髪染めをされるなら。

 

自分が今まで経験した失敗があります。

 

ゴミ袋を事前にゴミ箱にかぶせておいてください。

 

手袋とか染料が付着したものをパッと捨てれるように。

 

あとは手をできるだけ汚さないように。

 

汚れた手で水道やシャワーの蛇口を触らないように。

 

事前に手を洗える水やお湯を用意されておかれた方がいいでしょう。

 

あとは、髪の毛を色んな角度から見て塗りムラがないように。仕上がりにムラができるので。

 

 

色々試す

自分は今40代なのですが、白髪は30代の後半から染めています。

 

ずっと散髪屋さんで染めていたのですが、最近景気が悪くなって家計の問題から、メンズビゲンを買って自分で手入れしています。

 

慣れない頃は染料が色んな所に付いたりして大変でした。

 

最近、ちょっと他の製品も試してみようなかと思っているところです。

 

 

女性用のヘアマニキュア

若い男の子とか、普通に女性用のヘアマニキュアとか使っていますよね。

 

別に性別によって違いってないです。

 

でも初めてならわからなかったりする部分ですよね。

 

男用と女性よって違うのかな…って思う人いるでしょうね。

 

 

→ 自分に合った白髪染めを選ぶなら。おすすめはこちらです。