頭皮、肌がヒリヒリしない白髪染めって?

経験済みの方、多いです。皆さんの口コミもご参考にされてみてください。

白髪染めを使ってみた際に、頭皮(皮膚)にヒリヒリ感を感じたことがあるという人は結構いらっしゃるようです。

 

一度そういった経験をしてしまうと、白髪染め選びには神経質になってしまいますよね。

 

白髪染め,ヒリヒリしない,頭皮,肌,皮膚

 

まず、ドラッグストアなどで販売されているヘアカラーは刺激が強いので注意したいですね。

 

昔からある一般的な白髪染めです。

 

クリームタイプや泡状のものなどがある、二つの液剤を混ぜて使ったりする白髪染めです。

 

これらのヘアカラー製品は、一度の施行でばっちり黒く染まるのが最大のメリットなのですが、やはりどんな人の白髪も染まるように製品化されているので、どうしても刺激の強い薬剤が使われています。

 

皮膚がヒリヒリしなくてもやっぱり髪にはダメージがあることが考えられますし。

 

あとは美容室での白髪染めでも頭皮に違和感を感じた経験がある人も少なくないようです。

 

市販のものよりは刺激も少なく安全な美容室ですが、やはり人によっては何らかの症状を感じる人がいらっしゃるようですね。

 

また白髪染めをやってみてヒリヒリしたり、肌が沁みたり、痛みがあったり、といった経験をしたことがある人って意外なほど多いです。

 

そんな人たちの声や口コミ情報を集めてみましたので、是非参考にされてみてください。

 

そして最後に現在人気の髪と頭皮に優しい白髪染めをピックアップ、ご案内しています。

 

そちらのページで自分に合った白髪染めを見つけるきっかけにされてみてください。

 

 

ヒリヒリしたことがある人って多いです。みなさんの口コミをご参考に。

 

美容室で沁みる感覚

 

今まで美容室で白髪染めしていたんですが、ヒリヒリ染みる感覚があるのとやっぱり髪の傷みが気になるんですよね。

 

髪の傷みがましになったかな…と思ったら生え際の白髪が気になり始めていて。

 

出費も痛いので、最近カラートリートメントを始めてみました。

 

最初はやっぱり美容室の全体染めと比べると着色しないと感じます。

 

でも乾いた髪にしっかり目に時間を置いたり、ラップをしたりといった工夫をすることでまずまず満足な色の付きがありますね。

 

これからはこちらのヘアカラートリートメントで行こうかなと思っています。


 

 

体調大事です。頭皮の傷も

 

体調の悪い時、頭皮にキズがある時などは市販のヘアカラーは避けられた方がいいと思います。

 

今まで使っていて大丈夫だと思って使うと、ヒリヒリした傷み、ひどいとかぶれや腫れやむくみなどが出ることも考えられるので。

 

アレルギーとかでなくてもそういう症状を引き起こすことがあるようなので。


 

 

原因は酸化染料

 

沁みる感覚、ヒリヒリしたり。

 

ヘアカラーの原材料によるアレルギーの場合もあるので注意したいです。

 

多くの原因は、含有成分の酸化染料です。

 

酸化染料が含まれていない製品ではあまりそういった症状って少ないので。

 

ヘアマニキュアやトリートメントタイプを一度試されてみては。

 

ただこれらの製品は、ヘアカラーと違い髪の表面に着色させるメカニズムなので一回使ったくらいでは完全には染まりません。

 

でも繰り返し使用してもダメージを与えないので、定期的に使用できる良さがあります。

 

最初は短い期間で使ってみて、染まってきたら2.3週間に一度とか調節しながらといった感じで。


 

 

美容室でヘナ

 

美容室でヘナなど天然成分の方法を試してみられては。

 

それでも、かゆみや痛みを感じるならやっぱり合っていないということが考えられますね。

 

別の方法を探るしかないでしょうね。


 

 

年齢を重ねると頭皮ケアも

 

市販のヘアカラー、いわゆる白髪染めは、刺激が強いですね。

 

美容室での白髪染めよりも強いですし、市販のおしゃれ染めよりも市販の白髪染めの方が刺激が強いです。

 

年を取ると、だんだんと髪の毛も細くなってきますし、できれば傷めたりしたくないところですよね。

 

頭皮ケアも取り入れながら、白髪のお手入れも考えてやりたいです。

 

シャンプーを品質のいいものに代えたりもしたいです。

 

頭皮のコンディションを整えることも大事だと思うので。


 

 

今まで大丈夫だったのに

 

美容室での白髪染めでヒリヒリした経験があります。

 

それまでは問題なかったのにその時だけ。

 

その時は、美容師さんに伝えて、途中で洗い流してもらいました。

 

我慢できないほどの痛みではなかったですし、鏡で頭皮をみても赤くなっているとかはありませんでした。

 

美容師さんの話では、その時の体調などによっても左右されるということでした。

 

体調が悪かったのかなと。


 

 

男性で短髪なら

 

男性の方で髪が数センチ程度の短い人なら。

 

ヘアカラーで自分で白髪染めをして頭皮がヒリヒリしたりといった経験がある人もいらっしゃるようですね。

 

男性の場合、抜け毛が増えたりといった心配もあります。

 

やっぱりまずは美容室を検討したいですよね。

 

市販の白髪染めは誰でも染まるように強い薬剤で作られていますので。

 

頭皮のことも事前に伝えておけば、了承の上ケアしてもらえますし。

 

あとはシャンプータイプやトリートメントタイプの白髪染めを使うのも一つの方法でしょう。

 

特にシャンプータイプは置く時間もあまり気にせず手間なしなので是非チェックされてみることをおすすめします。


 

 

天然染料

 

化学的な染料は髪の毛や肌に刺激があります。

 

ヒリヒリや沁みるような痛みがあったり、ダメージは避けられないでしょうね。

 

天然染料のヘナなら、優しいです。

 

黒髪は多少明るみがプラスされ、白髪には茶色っぽく自然な染め上がりが期待できます。

 

もっと黒っぽく染めたい場合なら、インディゴを合わせた色もありますよ。


 

 

色持ちは2週間、定期的にケア

 

皮膚がヒリヒリしたり、沁みたりする人ならやっぱりヘアカラートリートメントを試してみたいですよね。

 

白髪を自然に目立たなくしながら、髪や頭皮のコンディションもケアできるように設計されているので。

 

ただヘアマニキュアと同様に髪の表面に着色するという方法なので、色持ちは2週間程度と思われた方がいいですね。

 

定期的にケアするという前提で。


 

 

諦めようかな

 

男です。

 

市販の白髪染めで数回使ったくらいに頭がヒリヒリして使うのをやめました。

 

私はアレルギーだと思います。

 

で通販で優しいタイプのヘアカラートリートメントを買って使ってみたのですが、こちらも私には合いませんでした。

 

もう白髪ケアは半分あきらめています。


 

 

合わないか、髪が傷んでいるか

 

ヘアカラートリートメントは一度で十分に色が付かない人もいます。

 

何度使ってみても白髪のままという人は、合わないか髪が傷みが激しいことも考えられます。

 

その場合、使用を中止された方がいいでしょうね。


 

 

ジアミンアレルギー

 

白髪染めに含有されるジアミン。

 

ジアミンアレルギーの人もいらっしゃいますよね。

 

自分がジアミンアレルギーかどうかが心配で確かめたい場合は、床屋さん美容室などでもパッチテストをやってくれるところがあると思います。

 

事前に確認されてみてください。

 

アレルギーの場合、ノンジアミンの白髪ケアで自分に合う方法を見つけるしかないですし。

 

アレルギーは呼吸障害などの症状が出る場合もありますので、パッチテストなどは慎重に。

 

誰かにそばにいてもらう方が望ましいでしょうね。


 

 

市販のヘアカラー

 

市販のヘアカラーはかゆみやヒリヒリ、沁みたりという人は少なくないでしょうね。

 

やっぱり美容室などに比べても安価ですしどんな人でも染まるように開発されているので。

 

最近はできるだけ優しいように作られているものもあると思いますが。


 

 

ヘッドスパ

 

美容室でヘッドスパなどのケアを。


 

 

一度止めてみる

 

どうしても頭皮の状態が良くならないなら。

 

一度パーマをかけたり、ショートヘアにしたりしてできるだけ白髪が目立たないヘアスタイルである程度の期間過ごされてみては。

 

一年でも白髪染めなどをしないと、頭皮の状態も改善されるかと。


 

 

光で染まるタイプ

 

ジアミンアレルギーと病院で診断されました。

 

もう普通の白髪染めはできないんだなと。

 

ヘアカラートリートメント、ヘナなども試してみました。

 

トリートメントタイプは私の場合、汗をかいた時に落ちました。

 

ヘナもヒリヒリしたので断念。

 

結果今使っているのは光で染まるという白髪染めです。

 

ジアミンは含まれていませんし、今のところ仕上がりも気に入っています。

 

一気に染まるという感じではなくて、自然に白髪が目立たなくなるという感じでいいですね。


 

 

→ 使ったことがないなら、一度試してみたい白髪染めはこちらで