髪を傷めない白髪染めって?

ヘアダメージを抑えながら満足のいく仕上がりを得るには?皆の声もご参考に。

刺激性の強い白髪染めを使って髪を傷めてしまった…という経験をお持ちの方は、結構いらっしゃるようです。

 

ちゃんと染まっても、施行後に、髪が傷んだり、パサついたりしては困りますよね。

 

白髪染め,髪を傷めず白髪を染めたい

 

とにかく白髪を黒くしたいならそういった商品は近所のドラッグストアで売っていますし。

 

可能な限りダメージを抑えて、なおかつ白髪の悩みを解消する、これですよね。

 

髪を傷めないで気になる白髪を染めたいなら、髪を有効成分でコートしながら優しく染めるトリートメントタイプの白髪染めとかも人気がありますよね。

 

天然植物成分を有効活用、刺激の少ない天然染料を使用した白髪用ヘアカラートリートメントです。

 

でも気になるのは、染まり具合ってどうなの??っていうこと。

 

“髪を傷めないで染める”はやっぱり多くの人が望むテーマなので、他にもそういった観点から開発された白髪を染めるアイテムがあります。

 

こちらのページでは、髪を傷めず白髪を染めるには?をテーマに情報を集めています。

 

色んな人の口コミも。是非ご自身の参考にされてみてください。

 

 

髪が痛む、傷めない方法は?色んな人の口コミをご参考に。

 

美容室とヘアカラートリートメントを併用

 

美容室でカラー、髪の傷みを考慮して2,3か月は我慢。

 

その合間にトリートメントタイプを使うというのもありですよね。


 

 

トリートメントや、光で染まるタイプ

 

髪の傷みが気になるなら、ロート製薬の50の恵みとかのヘアカラートリートメント、またはグローリンサンクロスやサンカラーマックスのような光で染まる白髪染めもあります。

 

もちろんこれらのタイプは、従来型の白髪染めのように強く染まりません。

 

でも使いやすいですし、ダメージがないので何度も施行が可能なので。

 

トリートメントタイプは汗をかいた時などに落ちることがあります。

 

光で染まるタイプは、塗るだけです。流したりといった必要もありません。


 

 

ヘアカラートリートメントもジアミン

 

ヘアカラートリートメント系もジアミン使用かどうかを確認したいですね。

 

合成添加物などの使用も。

 

やっぱり染まりやすいために含有されていることが考えられるので。

 

そういった製品は髪の痛みにもつながると思うので。

 

私はベジタブルカラーリッチという白髪用のカラートリートメントを使っています。

 

天然成分、ノンジアミンです。

 

髪も張りが出て傷みとか気になりません。


 

 

地肌も。薄毛の原因にも

 

市販の安価な白髪染めを使い続ければ、髪は必ず傷みますよね。

 

また地肌を傷めることで抜け毛や薄毛に悩まされたりすることも考えられます。

 

やっぱりある程度年齢を重ねるとお金をかけることも必要なんでしょうかね。

 

美容室でのケア、また天然染料を使っているトリートメントタイプにしても継続して使う必要があるのである程度の出費は必要になりますし。


 

 

白髪ぼかし

 

男性なら理容室での白髪ぼかしっていう方法もありますね。

 

完全に黒く染める方法ではありませんが、放置時間も短いですし、いかにも染めた感がないですし。

 

色も退色しますが、そちらも自然といえば自然ですし。

 

髪の傷みも少ないかと。


 

 

白髪染めのシャンプー

 

出産後から白髪が目立つようになりました。

 

市販の白髪染め、テレビCMとかでもやっている商品だと思います。

 

それを使ったら、髪の毛がギシキシに。

 

もうやりません。

 

今気になっているのは、白髪染めのシャンプーです。

 

本当は美容室で染めたいのですが、やっぱり経済的な理由で安く染めたいというのがあります。


 

 

 

一般的な市販のヘアカラーは、髪を脱色、染色を同時にやるので髪へのダメージは避けられません。

 

美容室でのヘアカラーも、やっぱり傷みはあるでしょうね。

 

自分で買って家でやるよりはましでしょうけど。

 

プロが施術するのでむらなく綺麗に仕上がりますし、トリートメントなどである程度上手くダメージを抑えてくれたりとか。

 

足を運ぶ手間とお値段がかかるのがデメリットでしょうね。

 

トリートメントタイプだとダメージは感じないですよね。

 

髪の表面に色を着色するという手法なので。

 

何回か重ねてだんだんと染めていくという感じでしょうか。

 

テレビ通販などではきれいに染まっているみたいに放送されていますが、通常の白髪染めヘアカラーと比べると発色が弱いです。

 

当然ですけどね。その分、髪は傷みませんし、髪をいたわる成分も色々入っていますしね。


 

 

白髪のままでは

 

白髪を染めないのが一番髪にはいいんでしょうけどね。

 

でもやっぱり白髪をそのままにしておくという勇気はないですし。


 

 

傷みが重なると

 

いわゆるファッションカラー(おしゃれ染め)と白髪染めなら白髪染めの方が髪の傷みは大きいですよね。

 

おしゃれ染めもハイト―ンカラーとかだとダメージは大きくなりますが。

 

白髪染めを繰り返すとダメージも蓄積しますので、思い通りの色になりにくくなりますね。


 

 

市販のクリームタイプ

 

髪が傷みますが、私は市販のクリーム状のヘアカラーを2,3か月に一度自分でやっています。

 

個人的な感想ですが、泡タイプより持続性が良いような気がしています。

 

トリートメントタイプは複数回やる必要がありますし、素手でやると手に色がついて落ちにくかったりするので私には合いませんでした。

 

どちらも良い面、手間な面があるのでどちらを選ぶかでしょうね。


 

 

トリートメントタイプ

 

今人気の白髪ケアといえば、トリートメントタイプです。

 

ドラッグストアなどで売っている市販の白髪染め(ヘアカラー)と比べて染まりが弱いというデメリットがありますが、

 

やっぱり髪の傷みを最も重要視される方が多いということなんでしょうね。

 

傷めるどころが髪にハリやツヤを与えてくれますし。

 

もしお使いになられたことがないなら、人気商品を一度検討されてみてはいかがでしょうか。


 

 

自分で市販でやると傷むし、ムラも

 

市販のヘアカラーはどうしても髪が痛みますね。

 

染まりやすいようにたくさんの量の薬品が入っているのでしょう。

 

もちろん美容室でも刺激はあるのでしょうが、やはりお店でやってもらった方が綺麗に染まりますね。

 

自分でセルフでやると、後ろとかやりにくいですしね、ムラになったりとか。


 

 

混ぜて使うタイプは傷む

 

1剤と2剤を混合して使う市販の白髪染めは髪への負担が避けられません。

 

染まりやすい人、染まりにく人。

 

万人に染まるように考えられているので。

 

これらに比較すると、リーズナブルなお店でも美容室で染めた方がダメージ的にはましなのでは。

 

綺麗に染まりますしね。


 

 

髪が細い

 

私は髪が細く傷みやすいです。

 

でも自分でヘアカラーで染めていますが。

 

しっかり染まるのでしょうがなく。

 

トリートメントタイプも使ってみましたが、私は染まりが悪く断念しました。

 

使う人によっては使用する度に染まっていくようですよ。


 

 

→ 自分に合った白髪染めを選ぼう!