簡単にできる白髪染め

自宅で手軽な方法で仕上げたい。

白髪染め?とにかく簡単なものがいい。

 

白髪染め,簡単,おすすめ,人気,やり方,方法

 

『白髪は嫌だしちゃんと染めたいんだけど、手間が面倒でついつい先延ばしになってしまって…』という方って少なくないと思います。

 

ほうっておくと徐々に髪の根元が白くなってきたり、ちらほらと白髪が目立つようになってきてしまい、あせってしまうことも。

 

白髪染めを選ぶ時に自分の中で重要なポイントってそれぞれありますよね。

 

例えば、

  • 一回で確実に染めたい
  • 髪や肌に害のあるものは嫌
  • 金銭的に安く済むものがいい
  • とにかく面倒でなく簡単に染まるものがいい

など…。

 

 

でもやっぱり手間がかかる面倒なのは嫌だな

 

とにかく簡単であることを最重要ポイントに置かれている人も少なくないでしょうね。

 

例えば、

  • 素手て使えたり、
  • 待ち時間が少ない
  • 塗るだけ
  • 流す必要がない

とか。

 

そんな白髪染めケア用品も今なら見つかります。

 

でもいくら手間なし簡単といっても、白髪がちゃんと染まらないと意味がありません。

 

それぞれの製品の特長や特色があるので、自分の中でこれは使ってみたい、と思うものを見つけたいところですよね。

 

 

皆どうしているの?口コミもご参考に。

 

自分が気に入った方を

白髪染めとヘアカラートリートメント。

 

どっちがいいとかは言えないですよね。

 

それぞれ一長一短がありますし。

 

ただ簡単という視点でいえば、トリートメントタイプやシャンプータイプでしょう。

 

そもそも従来型の白髪染めは髪を脱色してから髪に染料をしみこませるという方法なので髪や頭皮にダメージがありますし。

 

ヘアカラートリートメントは髪を傷めることはないですが、色は髪の表面に付着させるという方法なので、色が取れるのも早いです。

 

ですが、思い付いた時に簡単に使えるのがいいですよね。

 

 

泡タイプ

昔と比べて最近は誰にでも簡単に染められる使いやすいものが出ていますね。

 

泡タイプの白髪染めとかカンタンでおすすめです。

 

レフィーネとかにもあると思います。

 

 

メンズビゲン

男性なら、ワンプッシュで二剤が同時に出て櫛でとかしながらサッと塗る白髪染めとかカンタンですね。

 

メンズビゲンです。

 

ただ刺激は強いので始めたなら特にパッチテストを行うなどのご注意を。

 

 

ヘアカラーと白髪用トリートメント

市販のヘアカラーと白髪染めトリートメントは使い方が全然違いますよね。

 

簡単なのは断然トリートメントタイプです。

 

でも徐々にしか染まりません。

 

市販の白髪染めは少々面倒ですし、刺激が強い成分が入っているので使い方には少々神経を使った方がいいと思います。

 

肌がかぶれたりといったこともあるので。

 

 

光で染まる系

意外と知られていないのが、光で染まる白髪染め。

 

太陽光や自然光に反応して白髪が着色していきます。

 

朝塗るだけです。お湯で流す必要もありません。

 

重ねて使っていくことで思うような色に。

 

 

ファンデーション的な

まだそんなに本数が多くなくてでも目立つので気になる…という程度なら。

 

ファンデーション的な白髪かくしもありますしね。とりあえずそういった製品で対処するのがお手軽でしょうね。

 

 

シャンプータイプ

簡単ならシャンプータイプを使うのもおすすめですね。

 

白髪染めトリートメントシャンプーです。

 

ブラックやブラウンもあるのでお好みによって選べますし。

 

 

ルプルプ

白髪染めトリートメントで使い方が簡単なものが良かったので、ルプルプを使っています。

 

素手でも使えますし、定期コースで申し込んだので割安で購入できます。

 

髪の毛の状態もいいです。

 

 

上手には難しい

自分で綺麗に染めるのは誰でも難しいですよね。

 

細かく塗り分けたり、根元を注意して塗ったり。

 

ラップで覆って浸透しやすくしたり。

 

 

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアで染めている人もいます。

 

髪の傷みが少ないので、比較的こまめに使えます。

 

3週間ぐらいで色落ちしますので、定期的なケアが必要ですが。

 

美容院でもできますし、売っているので自分で買っても比較簡単にできると思います。

 

 

→ 簡単!白髪染めは今こちらが人気です。