頭皮(肌)がかゆくならない白髪染めって?

経験のある人って多いです。自分に合った選択肢を選びたいです。

白髪染め(毛染め)の施行後に、皮膚がかゆくなった…という方は珍しくないようです。

 

市販のヘアカラーを買って自分での白髪染め、また美容室でも。

 

白髪染め,おすすめ,人気,かゆくならない

 

一度そういう経験をしてしまうと、白髪染め選びは慎重になってしまいますよね。

 

頭皮(皮膚)がかゆくならない白髪染め(毛染め)を選びたいという方なら、ヘアマニキュアや低刺激の白髪用ヘアカラートリートメントという選択肢もあります。

 

でもどちらも一長一短があります。自分にとって満足できる方法を見つけたいですよね。

 

当サイトでは色んな人の口コミ情報、また今人気の髪や頭皮への刺激が少ない優しい白髪染めをご案内しています。

 

目立つ白髪のお悩みに、上手く活用されてみてください。

 

 

痒くなったら…。皆どうしてる?口コミをご参考に。

 

今までは大丈夫だったのに

 

花粉症やじんましんと同じで、今までなんともなかったのに、突然ある薬品に反応したり、アレルギーを起こしたりということは少なくないですよね。

 

深刻なら皮膚科で検査されるしかないでしょうね。


 

 

ヘナ、香草カラー、弱酸性カラー

 

美容室で、ヘナや香草カラー、弱酸性カラーなどを試してみるとか。

 

でも何をやっても痒くなる人はいるみたいですが。


 

 

皮膚科で薬

 

白髪染めをすると痒くなるので、皮膚科でもらった薬を使っています。


 

 

一長一短

 

一般的な白髪染めはヘアカラーといい、髪の内部の色素を分解して明るくしてから髪の内側に染料を入れます。

 

ですので、白髪はしっかり染まりますし、色の持続性も高いです。

 

市販の商品なら二つの液剤を混ぜ合わせて使うようなタイプですね。

 

素人が使ってもしっかり染まるように作られているので強い薬剤が使われていますよね。

 

頭皮トラブルや髪を傷めるというリスクがあります。

 

美容室の白髪染めも肌トラブルを起こす人がいますが、プロが施術してくれますし、不安な場合は事前に相談に乗ってもらったほうがいいでしょうね。

 

パッチテストとかもお願いできますし。

 

一方でヘアマニキュアやトリートメントタイプなどの方法は、髪の表面に色を乗せていくというイメージですね。

 

ですので髪が傷んだり肌トラブルを起こす人は少ないですよね。

 

ですがヘアカラーと比べると染まり方は弱いですし、色持ちも長くないです。

 

その代わり、繰り返し使うことができます。

 

どちらを取るかですよね。

 

もちろんかゆみやアレルギー症状などがあれば、安全で優しい方法を選択するしかありませんが。


 

 

頭皮を守るオイルやクリーム

 

白髪染めで頭皮が痒くなるだけなら、事前に施す、頭皮を刺激から守る為のオイルやクリーム、スプレーのようなものがあるので美容室で相談してみてください。


 

 

最近、頭皮にかゆみを

 

男です。

 

白髪染め歴は数年以上ですが、ここ最近染めると頭皮にかゆみを感じるようになってきたんですよね。

 

体質や肌が弱くなっていたりとかあるんでしょうね。

 

で、痒い所を掻くと、フケが出たりして困っています。

 

治まったころにまた生え際が白く気になりだしてきたり。

 

これからは美容室で相談するか、他の染める方法にしようかなと考えています。


 

 

ある日突然アレルギー

 

以前は理容室で白髪染めを定期的にやっていましたが、ある時、施行後に頭皮が痒くなり、しばらくすると顔まで腫れるような症状に。

 

もちろん皮膚科に行きましたが、完治するまでに一週間程度かかりました。

 

あれ以来、同じ白髪染めは怖くてやっていません。

 

今はヘアマニキュアで対処しています。

 

もちろん通常の白髪染めと比べて染まり具合は良くないですが。

 

しょうがないです。

 

あの時は、アレルギーの怖さを思い知らされました。


 

 

ジアミンアレルギー

 

ジアミンアレルギーです。

 

なので一般的なヘアカラーは使用できません。

 

で近年主流になりつつある利尻昆布のヘアカラートリートメントを使ってみました。

 

皮膚的には大丈夫でしたが、やっぱり市販のヘアカラーのようには染まりません。

 

でも白髪は染めたい気持ちがあるので新しい方法を探しています。


 

 

トリートメントタイプも

 

今まで市販のヘアカラーを買って使っていたのですが、どうしてもあの臭いが我慢できず、トリートメントタイプに切り替えたのですが、私には合っていないのかこちらも使うと翌日かゆくなります。


 

 

皮膚科に

 

ヘアカラータイプの白髪染めを使って、頭皮がかゆくなったことがあります。

 

一連の行程を終えて、しばらく経ったときですね。

 

頭皮が痒くなり出してきて、鏡で見ると赤くなっているようでした。

 

少し腫れているような感覚も。

 

次の日は少しましになったのですが、まだ治ってはいなかったので皮膚科に行ってしばらくしたら治まりましたが。

 

飲み薬と塗薬で数日かかりました。

 

色持ちのいい白髪染めは強い薬剤が入っているんでしょうね。

 

自分には合わなかったようです。


 

 

ヘナナチュラル

 

以前に市販のヘアカラーで頭皮と目い痛みを感じたことや美容室でのカラーリングでも同様の経験があり、今はヘナナチュラルで自分で染めています。

 

白髪がオレンジっぽい色になります。

 

インディゴで黒く染めたりもできます。


 

 

パッチテスト

 

美容室でパッチテストをお願いするとか。

 

頭皮になるべく薬剤を付けないでくださいと相談してみるとか。


 

 

ジアミンアレルギー

 

ジアミンアレルギーなら、いわゆる市販のヘアカラー、また美容室での白髪染めも無理ですね。

 

痒くなるどころかかぶれますので。

 

顔が赤くなったり、まぶたが腫れたり。

 

かぶれた場合、なかなか治らないこともあるので注意したいです。

 

ノンジアミンの方向で試してみるしかないでしょう。

 

ヘナでジアミンが入っていないものがあります。

 

オレンジっぽい色に染まりますが。

 

あとは色持ちは良くないですが、ヘアマニキュアを美容室でやるとか。

 

白髪の量によって明るさを調節したいですね。

 

少ない場合明るめにするとか。

 

美容室で相談されてみてください。


 

 

天然成分100%のヘナ

 

天然成分100%のヘナで。

 

ヘナはオレンジとインディゴ以外はケミカル染料が入っています。

 

白髪がオレンジ色に染まります。

 

仕上がりの色が気に入ればいいのですが、そうでない場合もありますし。


 

 

ヘアマニキュア

 

美容室でヘアマニキュアで対処。

 

頭皮に付けないので安心ですし。


 

 

タール染料

 

ヘアマニキュアにも天然成分が主成分のヘアカラートリートメントにも微量かもしれまんが、タールが含まれています。

 

ですのでどんな商品でも痒くなったりという症状を感じる可能性はゼロではないんでしょうね。


 

 

マロン

 

マロンっていう白髪染めがあります。

 

一般的なヘアカラーが使えない人のための商品です。

 

ジアミン系染料を使っていない非酸化染料なので、今まで頭皮が痒くなったりかぶれたりして困っていた人なども愛用者が多いようですね。


 

 

トリートメントタイプ

 

天然染料で染めるトリートメントタイプは一度もお使いなったことがなかったら、一度チェックしたい商品ですね。

 

今色んな会社から出ています。

 

安全性に注意が払われて作られているからでしょうが、一般的な白髪染めと同じような即効性を期待しない方がいいですが。

 

髪や肌に優しいことを第一に考えて、複数回でだんだんと白髪を目立たなくするという気持ちで。


 

 

前日はシャンプーしない

 

染める前日はシャンプーをしないとか。

 

頭皮の皮脂や汚れが少しくらいあった方が皮膚を守ってくれそうです。

 

少しくらいはましかもしれません。


 

 

香草カラー

 

ここ数年くらいで出てきた、カラー剤で香草カラーというのがあります。

 

刺激が少なくてジアミンアレルギーの人も地肌についても大丈夫みたいですね。

 

香草カラーをやっている美容室を探したり。

 

製品も売っているようなので興味がある人は調べてみられては。


 

 

ベジタブルカラーリッチ

 

ジアミンアレルギーならほとんどの白髪染めはできません。

 

友達の話ですが、ひどい人ならかゆみだけでなく、赤くはれたりすることもあります。

 

あと、ヘナにもジアミンが使われていることがあるので気を付けたいです。

 

ノンジアミンのヘアカラートリートメントがあるのでそちらも是非視野に入れたいですね。

 

頭皮や髪に優しいことにこだわった天然成分で作られていて、もちろんジアミンも含まれていない製品がみつかります。

 

その分、染まり具合は弱いですが、それはどちらを取るかなのでしょうがないですよね。

 

私はベジタブルカラーリッチという商品を使っています。


 

 

ワセリンを塗っておく

 

セルフで白髪染めする場合、上手く櫛を使ってできるだけ頭皮に薬剤を付けないようにしたいんですが、やっぱり難しいですよね。

 

あとは頭皮以外の肌についても痒くなったり赤くなったりかぶれたりといった恐れもあるので気を付けたいですよね。

 

耳の後ろとかつきやすいです。

 

一つの方法として、ワセリンを塗っておくとか。

 

薬剤をはじいてくれてリスクは軽減されるかと。


 

 

美容室でノンジアミン

 

ノンジアミンカラーを取り扱っている美容室を探す。

 

または今通っているお店で相談して取り寄せてもらうとか。

 

ヘアマニキュアと違って、明るさを出すこともできます。


 

 

続きはこちらで

→ ご自身に合った白髪染めを見つけてください。